2011.12.15 ThuCartier “How far would you go for LOVE?”

CATEGORY | Party Report, Recommend


先日、Le Baron de Parisが関わらせていただいたCartierのパーティー。
“How far would you go for LOVE?”

11月25日(金)、「Painted Love」のお披露目とともにAIRが来日し、さらには国内外の ミュージシャン
約20組が、愛は全ての原動力となる…その力を信じてのコンセプトのもとに集いました。

How far would you go for LOVE?
あなたは愛のためにどこまでいけますか?

「Painted Love」( 2011 )
フランスのデュオユニット AIR と
米ニューヨークの映像制作グループWaverly Filmsが創り出す 音楽と映像のコラボレーション

2007年にはじまった、LOVEをテーマに繰り広げられるカルティエとアーティストたちとの
コラボレーション。2011年、カルティエはAIRとWaverly Filmsに創作を託し、音楽と映像が融合する
ビデオクリップ「Painted Love」が誕生しました。ギリシャ神話に登場するピュグマリオンとガラテアの
物語を彷彿とさせる作品が、“How far would you go for LOVE? ”の問いかけにこたえます。

世界的に活躍する2組のクリエイターが描き出す”LOVE”の世界

インターネットのプリズムをとおして、音楽と映像が融合するプロジェクトから生まれた
「Painted Love」。カルティエの全デジタルメディアで流れるこの作品は、フランス的個性を世界に
発信するパイオニア AIR によるサウンドと、ニューヨークを拠点とする映像制作グループWaverly Filmsに
よるムービーが融合するオリジナルクリップです。


 


愛(Amour)、想像(Imagination)、夢(Rêve)の頭文字からなるAIRは、そのオリジナルアルバム
だけでなく、ソフィア・コッポラの映画のサウンドトラックでも国際的に知られます。彼らが今回、
ニューヨークを拠点に活動するWaverly Filmsが制作した映像に合わせてオリジナル曲を創作。

Waverly Filmsはインディカルチャーの旗手として、LCDサウンドシステム(LCD Soundsystem)、
ザ・ラプチャー(The Rapture)、チディー・バン(Chiddy Bang)、デス・キャブ・フォー・キューティー
(Deathcab for Cutie)、TV オン・ザ・レディオ(TV on the Radio)など、幾多のアーティストたちの
ミュージックビデオで名を馳せてきました。
「愛- 融合」をテーマに描かれた、画家とミューズのラブストーリー

ニューヨーク、マンハッタンのダウンタウンにある屋根裏部屋のアトリエ。若き画家は、彼のミューズ
(女神)への思いに苦悩しています。彼の作品、そして心の中には、この魅惑的なミューズの姿が常に
住み着いていて、彼が描く絵画は、成就することのない愛への渇望に溢れています。しかしある日、
そのすべてを変える融合が起こります。愛するミューズへの情熱とともに、彼は自身の作品の中へと
飛び込んでゆくのです……

アーティストとミューズの起こり得ない出会いを主題とした、ギリシャ神話のピュグマリオンと
ガラテアの物語の現代版「Painted Love」。作品の中では、ニューヨークの夜の街を彷徨う若き画家の
姿が描かれており、自らの作品にしか理想とするミューズが存在しないことを知る彼は、もはや後戻り
できないほどの情熱に突き動かされます。映像制作に加わった映像制作者グループ、Waverlyの
ベン・ディキンソンは、次のように語っています。

「ミューズとは、どこか神のような存在です。画家の目から見た彼女は、完成の一歩手前の絶対的な
愛の対象なのです。画家のミューズへの崇拝は、もはや現実と折り合えなくなる次元に達します。
彼女を通してしか世界を見ることができなくなった画家にとって、唯一の望みは彼女と一体となる
ことなのです。」

「ミューズという概念は、私たちにとっても実に重要です。一種の原動力と言っても良いでしょう。
これまで発表してきた全てのアルバムで、私たちはモチベーションの源としてのラブストーリーを
必要としてきました。作品を生み出すということは、愛されたいと願う強い欲求にも似ているのです。」
(AIR)

ビスで手首に愛を固く閉じ込め、そのビスをアイコンに愛の融合と強い絆を象徴する。 LOVEに
インスピレーションを得て制作された「Painted Love」は、愛と情熱が芸術を生み出す原動力となり、
理想を追い求める力となり、その衝動が不可能を可能にさえすることを示唆するかのようです。

▼Making Video

 


 


▼より詳しくはhoneyee.com 特集ページをご覧下さい
http://www.honeyee.com/feature/2011/cartier/

(C) lebaron de paris