2011.04.20 WedSAVING ALL MY LOVE FOR JAPAN -Charity Event In Aid Of Higashi-Nihon Earth Quake-

CATEGORY | Party Report


”SAVING ALL MY LOVE FOR JAPAN -Charity Event In Aid Of Higashi-Nihon Earth Quake-”と
題し、4月15日に催したチャリティLIVEの模様をどうぞっ!


 



 



 


Special Live:
TINA
MASA KOHAMA

 


TINA:
ジャズサックス奏者の父親に音楽的影響を受けて育ち、幼少の頃からブラックミュージックに親しむ。
1999 年4 月シングル「I’ll be there」でメジャーデビュー。同年発売の1st アルバム『Colorado』は
オリコン初登場1位を獲得。2000 年“日本ゴールドディスク大賞 ニューアーティト・オブ・ザ・イヤー”を
受賞。同年キリンビバレッジのコーヒー『FIRE』にCM 出演、話題を集めた。近年は、
フィラデルフィアにてライブ出演、UK でのレコーディングなど海外のアーティストとの交流も
活発に行ってきた。多くのアーティスト、ミュージシャンからの信頼も厚く、国内外問わず
幅広い活動を展開している。

MASA KOHAMA:
長年 ロスアンジェルスでソウル、RnB、ゴスペル、ヒッポホップ、rock 等の活発な演奏活動をし
自己のプロジェクトのほか 数々のアーティスト 、五人目のビートルズとして有名な伝説のシンガー、
オルガニスト故ビリー・プレストンや、アリ・ウッドソン(テンプテーションズ)、デバージ、
セルマ・ヒューストン、ヒュー・マサケラ、 また西海岸ヒップホップのスター、ウォーレンG,
ネイト・ドッグ、WC(ウエストサイド コネクション)ジェイムス・ギャドソンなどとも頻繁に
共演を重ねる。2006年から活動拠点を東京に移し、AI、加藤ミリヤ、伊藤由奈等とのライブ、
レコーディングとほか幅広い音楽のフィールドで日本のミュージックシーンにて活動している。
www.masakohama.com

(C) lebaron de paris